-Between between-

心機一転のため、色々変えました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
乙一のベストセラー小説「GOTH」のハリウッド映画版の監督が決まったようです。

ヴァラエティ紙が伝えたところによると、ビデオゲームの脚本家で『ミミック3』の監督でもあるJ・T・ペティが「GOTH」映画版の監督として起用されたようで、ペティは脚本も手掛けるとのこと。
「GOTH」は、高校生の男女2人組が人間の暗黒面に強く惹かれるミステリーで、大岩ケンヂによって漫画化もされていて、日本での映画化作品は高橋玄監督がメガホンを取ることが決まっているようです。

情報元はこちら→http://cinematoday.jp/page/N0011630


乙一は1996年、『夏と花火と私の死体』で第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞(集英社)を受賞しています。しかも、なんと17歳(執筆時は16歳)という若さでデビューしたそうです。
2002年に出版された『GOTH リストカット事件』では、第3回本格ミステリ大賞を受賞しています。
詳しく知りたい方は→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%99%E4%B8%80


ちなみに、大岩ケンヂの代表作は、2006年にアニメ化もした『NHKにようこそ!』です。この方を、知っている方も多いのではないかなと思います。



私も和葉に借りて読んだことがありますが、またハリウッド映画化ですか!!
知らなかった。。。
どんなふうに出来上がるのか今から楽しみですね!!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://taki369.blog113.fc2.com/tb.php/192-175b21e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。