-Between between-

心機一転のため、色々変えました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
まだ、ここは致命的なネタバレはないです。


あと、あくまでここに書くことはあくまで私個人の感想です。
内容も私が勝手にまとめたものです。
下手くそな文章ですいません。
ご了承ください。




えー、何から話せば良いのやら(ぉぃ


とりあえず、この映画は人によって好き嫌いの激しい作品なのではないかと思います。

まず、「ミュージカルは舞台で見るものだ!」
って方は、初めから見ないことです!


あと、血が嫌いな人。
論外ですねwww
スッゴイ血の量です。
でも、ハンニバルシリーズ、SAW、他色々…
グロイの全然平気。かえってそれが爽快なくらいな私としては、R15までつけなくても良いのではないかな、とも思いました。
でも、それは人ぞれぞれですし、私の友達でも『どろろ』を見て泣いた人もいますし、映画館で私の席の後ろのカップルは「R18指定だろ!」なんて文句言っていた方もいらしたので、それを考えるとR15くらいでちょうど良いのかな、とも思います。




はい、ここからネタバレ注意です。
反転でどうぞ。






内容的には、もうなんて言うか、悲しいですね…

まずこの話は、ベンジャミン・バーカーの美しい妻に目をつけたターピン判事に無実の罪を着せられたベンジャミンが、スウィーニー・トッドとしてロンドンに戻ってくるところから始まります。


最初は妻(ルーシー)を奪った判事に制裁(殺す)を与えるが一心だったスウィーニーが、だんだん自分にとって都合のよくないというだけの人物までのべつ幕なし殺すようになります。
ただの殺人鬼と化してしまうわけです。
我を忘れてしまった結果娘(ジョアナ)の顔まで分からなくなり、結局は妻まで誤って殺してします。
ジョアナの顔がわからなかったのは、長い年月のせいかもしれませんし、スウィーニーはすでにルーシーは死んでいるものと思っていました。
しかも、ルーシーは物乞いの人になっていて、判断がつかないのもたしかに納得がいくものもあります。

でも、妻の「どこかであったことが…?」の言葉!
感動です(ノД`)・゜・。

しかも、スウィーニーはいつでもルーシーやジョアナのことを想っていたんです。

我を忘れてしまった結果の過ちですが、スウィーニーの運命はあまりにも残酷で悲しすぎるものです。
もしも、ターピン判事に目をつけられていなかったら、妻がルーシーでなかったら、スウィーニーの人生は全く違っていたものになっていたはずです。
でも、それではお話になりませんしね。



最後の最後で我に帰りましたが、時すでに遅し。


結果的に、スウィーニーも殺人を見てしまったトビーと言う少年に殺されてしまいます。
このトビーという少年について語るとまた、長くなってしまうので省きますが、かなり重要な役どころだったのではないかと思います。


結果このような結末になってしまったわけですが、妻ルーシーと一緒に死ねたスウィーニーにとっては良かったのかなぁ、とも思います。




とりあえず、とても深い作品だなと感じました。
きっと見る回を重ねるごとに深さが増す作品だと思います。




そして、私が感じたこと!!!!

ティムの世界観って凄すぎる!!!!

毎回毎回ティムの作品を見るたびに感じることは、まず色使いがキレイで、光と影の演出がスゴイ!
なんて言えばいいのかわかりません
察してください(ぉぃ

説明へたくそですいません。


まず、夢や希望のあるところ、またその回想シーンはとても明るい色使いで、光があたりから差し込んでるっていうか、いたるところから光が当たっているというか、まぁ、なんかそんな感じですよね。

そして、絶望や、とにかく明るい雰囲気にはなれないところは、もうとにかく!!ものっすごく、暗いですよね。


人の心情や雰囲気で暗くしたり、明るくしたりする作品はファンタジーとかにはあったりしますが、あそこまで激しく明暗の差をつける作品ってティム意外の作品であまり見たことがないです。


アカデミー賞でスウィーニーが美術でノミネートしていました。
納得です!


そんな、ティムの世界観ってとてもステキです。


このスウィーニーもそうですが、チャーリーやスリーピー・ホロウ、ナイトメアー、など、どの作品にもティムの世界観がはっきりと表れていますね。


あー、なんだかんだ言ってたら長ったらしくなりましたね( ̄Д ̄;;
いや、本当語り始めたらキリがないので、ここで終わらせていただきます!
スポンサーサイト
はい。
記事が消えたせいで最初っから書かなきゃいけなくなったじゃねーか。

えー、まずジャンフェス行かなかったことを後悔しました。
えー、んで次にBLEACHの映画観に行きましたー。

はい感想。
感想ねー、結構長く書いたのに消されてしまい、2回もあんな長ったらしい文書くの…正直あれなんで短く済ませます。




おもしろかったです。
アニメよりは作画の方も頑張ってる感があったような気がします。
浦原の登場が少ないことがちょっと不満でしたがw
あと思ったこと、朴さんと石田さんって昔仲悪かったみたいですが、もう仲直りしたんでしょうか?

んで。
ツッコませて下さい。
何で浦原の穿界門で双極の丘に直に行けるんでしょうか??
浦原の穿界門でいけるのは西流魂街だけなはずだったと思うのですが。
あの映像、流れから行って明らか双極の丘に穿界門ができて、そっから一護たちが降って来ましたよw
まず一言。



演技下手。



なんだろう…これは小学生の学芸会ですか??みたいな。
ビックリ。


まず、ネギ先生役の子…セリフ棒読みよォ( ̄Д ̄;;
教科書読んでるみたい。
でもまぁ、子役なのでそこはご愛嬌ってやつですか。


次に明日菜役の…若月さらだったかな?
ネギ役の子よりかは、セリフは棒読みではありませんでしたが、なんっていうかビミョーー…。もうちょっとその場の雰囲気を感じさせる演技をしてもらいたかったなぁ。


んで、最後にヒロシ。芸人の!!タカミチはもうちょっとダンディーな、カッコイイような、そんな人が良かったってのが本音です。
でも、見た目は変わりようがないので仕方ないですね。
ヒロシも今回のタカミチの役作りは頑張ったと語っているようなので、まぁ、しょうがないか。



どうせやるならやっぱり良いものが見たい。
それとも、深夜にそこまで要求するのは難しい??
深夜でも面白いものは面白いんだけどなぁ。
ネギまよりかは、キューティーハニーの方が見ごたえはあったなぁ。
でもまぁ、今回の主要キャストは上記3名ぐらいなので、来週からに期待したいと思います。
試写会のレポを更新するとか言って、忘れてました(汗


まず、山本モナと石田純一が来ました(笑
そして、報道陣の数が凄かった。

私が行った「あなたは絶対騙される」試写会では、会場にいる全員が犯人を予想し、当たった人の中から抽選でニューヨーク旅行プレゼントというものでした。

んー(-"-;)確かに騙された。

あぁ!!ネタバレはありません。
ネタバレをしないと言う誓約書を書かされたので。

なんと言うか、人間の心理表現が上手い。
そして、見てる側の心理までごちゃごちゃにしてしまうような作品でした。
うん。良かった!!本当良かった!!!
ただボーッと見ているより、犯人を当てるつもりで見ていると、なお楽しめると思います。友達と犯人を予想しあうとか。


追記は犯人を当てたい方に。
『ラブ・アクチュアリー』見たvV
だからなんだって感じでしょうけど、ちゃんと見ました(笑
(ネタバレだと思われるようなところは反転で読めます。それ以外は、多分大丈夫です。)

良い!!
やっぱ良い!!
愛ですね愛(v_v。)人(。v_v)ポッ♪LOVEですv
でも、なんだかどこか切ないとこがあって、それぞれの登場人物の心理とか、人間らしいところとか…スゴイ共感できる作品だと思います。


そして、学んだこと。
パイレーツ観た後に見ちゃいけない!!
ビル・ナイ演じるビリーとデイヴィ・ジョーンズをかぶせちゃう( ̄Д ̄;;
でも、2人とも一癖も二癖もある愛ですね(笑


アラン・リックマン!!好きですけど、やっぱり彼は悪役の方が向いてるような…笑
     (ここネタバレ)
ハリー(アラン・リックマン)が会社の若い秘書にクリスマスプレゼントのネックレスを買ったと知った時のカレン(エマ・トンプソン)のあの涙はズキンときますね。
エマ・トンプソンのあの涙は…ん~、なんていうか、スゴイ。巧み。素晴らしい!!さすがって感じ!!



キーラ・ナイトレイ。細っ。ダイエットしたくなる(-"-;)
…それもそうですが、ジュリエット(キーラ・ナイトレイ)は、なんだかとても複雑な立場。胸が痛くなる。


ローワン・アトキンソンは脇役なのに、ものスゴイ存在感!!
さすがミスタービーン(笑



はい、そして吹き替え版の三木さん!!
カッコイイですvV


(ここネタバレ)
切なかったり、胸が痛くなったり、複雑だったり、様々ですが最後は結局ハッピーエンドで終わります。良かった!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。